2006年06月

2006年06月25日

アメリカのドロップシッピング その3


シアーズの発足当時の光景をWikiでは、次のように述べています。

19世紀末から20世紀初頭のアメリカは農業が中心で、広大な国土に多くの農民が生活していたが、交通手段は主に鉄道や馬・馬車であり、消費者は手間をかけて都市まで行くか、行商人から高い値段で商品を買うしかなかった。

ここに着目したシアーズは、カタログを郵送して、一括仕入れで安価に商品を提供するダイレクト・マーケティングを推し進めた。

シアーズのカタログは「消費者の聖書」と呼ばれ、大量に頒布されるカタログはトイレットペーパー代わりに使われるほど身近に親しまれ有名になった。


(下記は、創設者の1人、ローバック氏とカタログの一部)
e2433a0b.jpg

d4488a5e.jpg


miturowax at 12:29コメント(0)トラックバック(0)ドロップシッピング入門 

2006年06月22日

アメリカのドロップシッピング その2


先に、シアーズ・ロバックの話をしましたが、その創設者シアーズ氏の写真をご覧下さい。

6ef1e16d.jpg







シアーズ・ロバックの1919年のカタログの一部。

07f7daa5.jpg

いわば、アメリカに於ける、ドロップシッピングは、100年の歴史を持っています。

これに対して、日本では、カタログ販売が本格的に始まったのは戦後のことですね。


miturowax at 11:55コメント(0)トラックバック(0)ドロップシッピング入門 

2006年06月20日

アメリカのドロップシッピング


ドロップシッピングは、そもそもアメリカで始まったといいますが、先にも書きましたが、drop ship とは、「直送」の意味。参考のために関連英語を並べると次のようになります。

Drop shipping/Drop ship = 直送
Drop shipment = 産地直送

このシステム、その基を正せば、1880年代にさかのぼります。

1886年ミネソタ州で駅員をしていたリチャード・ウォーレン・シアーズは、売れ残りの腕時計を買い取り、通信販売で安く販売する商売を始めました。これが drop ship の始まり。

このシアーズ氏、ご存じ、カタログ販売でアメリカを席巻した「シアーズ・ロバック」の創設者です。なお、パートナーのロバック氏は時計商、1893年に「シアーズ・ロバック社」が発足しました。

下記は、現在のシアーズ・ロバック本社「シアーズタワー」。

f005d192.jpg

要するに、ドロップシッピングは商品販売の基本の形であったわけです。


miturowax at 11:32コメント(0)トラックバック(0)ドロップシッピング入門 

2006年06月10日

アフィリエイトマーケティング協会主催「ドロップシッピングセミナー」


アフィリエイトマーケティング協会主催のセミナーが7月12日(水)に新宿NSホールにて行われます。

最近話題のドロップシッピングについてのセミナーです。



miturowax at 11:09コメント(0)トラックバック(0)ドロップシッピング 
商品別カテゴリー
  • ライブドアブログ