シックハウス症候群

2005年06月04日

床下の毒物 シロアリ防除剤

▲轡蹈▲衙表剤とは?

シロアリを殺したり寄せつけないことを目的にした薬品です。床下の土にまいたり、木材に塗ったりして使用します。

農薬の中の有機リン系、有機ハロゲン系、カーバメート系、コナゾール系、ピレストロイド系などがシロアリ防除剤として使われています。特に、現在多く使われているのが、有機リン系のクロルピリホス、スミチオンなどです。これらの薬品の中には内分泌攪乱化学物質(環境ホルモン)の疑いが指摘されているものがある他、ダイオキシン汚染の危険もありますが、シロアリ防除剤には規制がないので、業者が何の薬品をまいても罰せられることはありません。


miturowax at 10:29コメント(0)トラックバック(0) 

床下の毒物 シロアリ防除剤

.轡蹈▲蠅箸蓮
米粒を長くしたような体長数ミリの虫です。本来は森林に生息し、落ち葉や枯れ木を食べて腐葉土に変え、自然に返す役割を担っています。住処を追われたシロアリが家屋に住みつき、木造部分を食べてしまうということもあり、防除の対象にされています。

miturowax at 02:47コメント(0)トラックバック(0) 

2005年06月03日

シックハウスの原因--化学物質について

シックハウスの原因になる化学物質として3物質・3薬剤が挙げられています。ただし、国土交通省・厚生労働省・経済産業省・林野庁が合同で組織した「健康住宅研究会」が挙げたものでこれだけが有害化学物質だということではありません。

  【物質】  ◆ホルムアルデヒド

◆トルエン
◆キシレン

  【薬剤】 ◆木材保存剤

◆防蟻剤
◆可塑剤

蜜蝋商品 商品一覧


miturowax at 15:55コメント(0)トラックバック(0) 

シックハウスの原因--カビについて

皆さんもご存知のように、カビは生活するうえで多大な恩恵を与えてくれています。しかしながら、アレルギーの原因となるなど、様々な害も与えます。

カビの増加はそれを好むダニの発生を促しますので、カビをできるだけ発生させないことが、室内環境の悪化を抑制する上でとても重要になります。

カビは「栄養分」「酸素」「温度」「湿度」の条件が揃えば、どんな家でも自然に発生します。ただ、最近の住宅は非常に気密性が高く、ライフスタイルの変化による換気不足が重なり、「結露」が発生しやすく、その「結露」がカビの温床になっているケースが増えているようです。

◆栄養分… …畳や、畳の上に落ちているチリなどもカビの栄養源となります。また、畳以外にも有機性の建材であればカビの栄養源となります。

◆酸素…… 他の生物とおなじように、カビも生長するために酸素を必要とします。

◆温度…… カビの生長の適温は摂氏25〜30度付近ですが、カビの種類によっては0度以下や40度以上でも生長が可能です。

◆湿度…… 湿度がだいたい70%を超えると、カビが生長しやすい環境になります。また、湿度が高くなるほど生長できるカビの種類が増えカビの生長速度も速くなります。

■発生しやすい場所

ふろ場、台所、洗面所、押し入れなど、通気性が悪く、湿度の高い所。エアコンのフィルター部分などにもカビは発生します。カビが発生したエアコンをつけると、家中にカビをばらまいてしまっているようなものと言えます。

■カビ対策

・カビの繁殖をおさえるには、上記の条件が揃わないようにしてやる必要があります。
・このうち、栄養分・酸素・温度についてはコントロールするのが難しいのが現状です。
・そこで、湿度をコントロールすることがカビの発生を抑えるのに有効と言えます。

シックハウス・住環境 商品一覧


miturowax at 12:26コメント(0)トラックバック(0) 

シックハウスの原因--ダニについて

ダニは、アレルギー原因のTOPと言われています。生きたダニはもちろん、死骸や卵、糞を吸い込むことで、アトピー性皮膚炎などを引き起こします。ダニは家の中の様々な所に、室温25〜30℃、湿度70〜80%以上で生息し、繁殖力も非常に高い生物です。ちなみに湿度が50%以下になればダニは死んでしまいます。
47565a83.jpg
ダニの発生条件
ダニの繁殖条件としては:
・エサがある
・高温多湿
・隠れる場所がある
があげられます。

ダニが生活するために必要な条件は、カビの発生条件とかなり重なります。また、ダニの中にはカビをエサとする種類もあるため、カビが発生しやすい場所はダニにとっても絶好の環境になっていると言えます。

ダニ対策:
家の中からダニを完全になくす事はほぼ不可能といえますが、一定数以上に増えないようにすれば、ダニによる被害は抑えることができます。ダニの生活条件はカビと共通点が多いので、カビ対策を施すことでダニ対策にもなると考えることができます。

◆寝具、じゅうたん以外にも、可能なものは天日干しする
◆室内で飼うペットはできれば避ける
◆床材をじゅうたん・カーペットから板材にする
◆カビの発生を抑制する

●天然の防虫忌避スプレー防ダニ用




miturowax at 04:07コメント(0)トラックバック(1) 

2005年06月02日

化学物質過敏症とシックハウス症候群はどこが違う?

dba81796.jpgシックハウス=化学物質過敏症と勘違いしておられる人が意外に多いことに驚きます。

「化学物質過敏症」とは、「特定の化学物質に接触し続けていると、あとでわずかなその化学物質に接触するだけで、頭痛などのいろいろな症状が出てくる状態」のことです。

その原因は、「微量の化学物質の長期間における体内摂取により、体の耐性の限界を越えてしまったこと」とされています。長期間におけるシックハウス症候群が原因で、過敏症となってしまうことが、その後はその種の化学物質に超微量でも反応してしまう状態を化学物質過敏と言います。

欧米では、一度体内にこの受容体が獲得されると成分が異なった他の物質に曝されても過敏性を発症することが認められており、「複合化学物質過敏症(multiple chemical sensitive)」と一般的に呼称されています。

また、化学物質過敏症をアレルギーと同じと考えられておられる人も多いのですが、アレルギーは抗原抗体反応で、原因物質も特定され遺伝的あるいは後天的と、ある程度解っている部分が多いのですが、化学物質過敏症はアレルギーに比べ更に超微量の原因物質に反応してしまい、アレルギーの人が許容できる濃度でも化学物質過敏症の人は生活できません。

「化学物質過敏症」とは、「特定の化学物質に接触し続けていると、あとでわずかなその化学物質に接触するだけで、頭痛などのいろいろな症状が出てくる状態」のことです。

その原因は、「微量の化学物質の長期間における体内摂取により、体の耐性の限界を越えてしまったこと」とされています。体の耐性の限界を越えることによって、それまではなんともなかった化学物質に過剰に敏感となり、アレルギーに似た症状や、情緒不安、神経症、行動過多を引き起こすようになります。環境ホルモンとは異なり、この症状は、動物が体調の異常を言葉で示すことができないため、動物実験で客観的に証明することが困難といわれています。

そのため、世界的にも「化学物質過敏症」の存在あるいは化学物質との関連を裏付ける証拠がないのが現状です。しかし、最近マスコミでも取り上げられているように、ある時期より急に、化学物質に過剰に敏感になり、体調異常の症状を引き起こす人々が増えているようです。

害虫・シロアリ対策 商品一覧




miturowax at 21:21コメント(0)トラックバック(1) 

社会問題となっているシックスクール症候群

ワックスがけ以前から問題になっているシックハウス症候群が学校の校舎や幼稚園、保育園などの園舎でも建材から空気中に揮発してくる化学物質で子供達の身体に不調が起きている。これをシックスクール症候群と言われ、原因が同じで幾つかの症状があらわれる症候群は重大な意味をもっている。

公立学校の多くが改修・改築時期を迎え、被害も報告されているため、文部科学省は'02 2月から、その予防策を示して注意を呼びかけているので、親や教師も注意が必要。校舎や園舎の床材や壁紙のノリに含まれるホルムアルデヒドや塗料の溶剤に使われるトルエン、キシレンなどの化学物質の中には揮発して室内の空気を汚染するものがある。

最近は接着剤も改善されてきていますが、ごく微量でも体内に入り蓄積されると頭痛や喉の傷み、疲労感など様々な症状を引き起こす。改築・改修現場では、この問題に対する認識がまだ十分ではなく、子供サンの通う保育園の外壁工事の後に化学塗料が原因で気管支炎を起こした。また床の張替え直後に全身が腫れ上がった。他には、堰き込んでいる子や先生もいるという。これらは化学物質が原因と診断されている。

比較的通気の良い校舎でも、2001年末の実態調査結果で50校の281ヶ所を検査して12ヶ所が、ホルムアルデヒドの指針値は0.08ppmを越えていたと発表されている。

中には最高で指針値が5.5倍のホルムアルデヒド濃度で、約半数にあたる生徒が、気分が悪い、目がかすむなどと訴え、体調を崩した。等々被害の報告があり、2002年2月に文部省は塗料や接着ノリを使わない工法やVOCの出ない設計を呼びかけている。しかし、室内の汚染は建材だけからではなく、他製品からも放出されているので室内からは完全になくすることは不可能。

miturowax at 15:18コメント(0)トラックバック(1) 

シックビル、シックハウスとは?

1970年代のオイルショックの際、アメリカでは主に大きな建物で、省エネのため建物の気密化を進め、外気導入量を従来の1/4にまで減らしました。これが建物内の空気環境の悪化を引き起こし、80年代にシックビルディングシンドローム(シックビル症候群)が問題になったのです。

一方日本ではビル管理法で二酸化炭素濃度の上限規制があったため外気道入量を減らせず、大事に至りませんでした。但し、住宅には法規制がなかったので、十分な換気を考えない高気密高断熱の省エネ住宅を激増し、これが「シックハウス症候群」につながったのではないかと言われています。

つまり、シックハウス症候群とは、『建築物(住宅・ビル・学校)など閉鎖空間における室内空気汚染原因物質である、揮発性有機化合物や粒状物質、その他の無機・有機ガス成分、あるいは放射性物質による健康障害である。』と定義されます。

従って、そこを離れるとそれまでの不快感や健康障害からまるで何も無かったかのように開放されるのです。今や「シックススクール」なる言葉も出てきています。職場のみならず、家までも。果ては学校までもが化学物質による室内空気汚染の現状にさらされているのです。

miturowax at 09:57コメント(0)トラックバック(0) 

シックハウス症候群の原因は?

c0ed303b.gifシックハウスの主な原因としてホルムアルデヒド・VOC(揮発性有機化合物)等の化学物質、ダニ、カビなどによる住宅内の空気汚染が原因となっています。

その背景には、近年の住宅の高気密、高断熱化があります。密閉された室内で、空気中に含まれる高濃度の有害化学物質を一度に大量に吸い込んだり、微量な濃度であっても、長期にわたり吸い込み続けることで突然発症することになり、一旦発症してしまうと、ごく微量な物質にでも反応してしまうようになります。

主に、新築住宅に入居後あるいは、リフォーム後1年以内という短期間に発症するケースが多いようです。

国内での患者数は1000万人を超えるともいわれており、中でも普段家の中にいる時間が多い主婦と子供の患者数が圧倒的に多くなっています。

主な原因物質として取り上げられているのは、ホルムアルデヒドと呼ばれているものです。


子供の頃学校の理科室の棚にあったカエルの標本は透明の液体に浸かっていましたよね。あれはホルマリンといって強力な防腐剤になっています。あれが気化したものがホルムアルデヒドなんですね。

このホルマリンは接着力がUPして防腐・防カビも実現できるし、しかも安いときてるので建材メーカーは当たり前の様に使ってきました。

もちろんそういう工業製品として狂いが無く、クレームになりにくい建材を求める声がたくさんあったのも大きな要因です。多くの研究者は、ありとあらゆるところで使われているこのホルムアルデヒドをまずは優先的に排除していこうとしています。

また、日本では化学物質だけが原因のように考えられていますが、アメリカなどではダニやカビ、ハウスダスト、高周波の電磁波、低周波の振動などでもシックハウスに定義されるようになってきました。

miturowax at 09:10コメント(0)トラックバック(0) 

2005年06月01日

シックハウス症候群と呼ばれる主な症状

f1dd0777.gif・頭痛・めまい
・吐き気
・のどの痛み(のどのイガイガ)
・目のかゆみ
・目の痛み(チカチカ)
・刺激臭による鼻のツンとする症状
・鼻炎
・呼吸器障害
・不整脈
・ぜんそく
・アトピー
・じんましん
・関節痛・疲労感・耳鳴り
・イライラ
・肩こり
・花粉症
・手足のしびれ など等


miturowax at 20:54コメント(0)トラックバック(0) 

2005年05月31日

シックハウス症候群って何?

6fca32ae.gif住宅が原因となってそこに居住する人の健康を害するものをいいます。

建築材や家具の塗料、壁紙や床の接着剤などなど、いたるところに、実はたくさんの化学物質が使われています。

シックハウス症候群は、それらの化学物質の影響により、室内の空気汚染が原因となって起こります。目がチカチカしたり、鼻や喉が痛い、頭痛がする、ふらふらする、皮膚がかゆくなる、疲れやすくなるなど、その症状は人によってさまざまです。

日本で一般的に、建物を新築したり改装したりした後に、使用した建材や塗料、接着剤などに含まれる有害化学物質により室内空気が汚染されたことがシックハウスであると理解されていることが多いようです。

ダニやカビ、ハウスダストなどが原因のアレルギー症状もシックハウスと言えます。シックハウス症候群の症状は多様で、個人差があります。発症のメカニズムも未だ解明されていません。この様に様々な原因と症状などから正確には「シックハウス症候群」と言うべきでしょう。

●蜜蝋ワックス1リットル





miturowax at 17:26コメント(0)トラックバック(0) 

2005年05月28日

花粉防止グラス スカッシーオングラス【眼鏡をかけている人用】

花粉症用のグラスです。眼鏡をかけている方お試しを。



miturowax at 12:52コメント(0)トラックバック(0) 

花粉防止グラス アイガード スカッシー2000

花粉症用のグラスです。ぜひ、お試しください。



miturowax at 12:07コメント(0)トラックバック(0) 

2005年05月23日

シックハウス・敏感肌対策を考える その9

 鉄筋コンクリートと木材校舎
例えば、鉄筋コンクリート校舎と木造校舎を比べると、木造の方は温度、湿度ともに安定していますが、コンクリートの方は温度10℃以下の時間帯が多い上に湿気も多く、底冷えのするジメッとした状態であるという実験結果が出ています。

学校の先生や生徒を対象にしたアンケートでも、鉄筋コンクリート校舎は木造校舎に比べて、疲れたりイライラすると答える割合が多くなっています。確かに、鉄筋コンクリートの建物に比べて木材の建物の中に入るとほっとするような安らぎを感じます。湿度、温度が安定していることに加えて、見た目や手触りもやわらかく、気持ちが落ち着きます。鉄筋コンクリート住宅に住む人は木造住宅に住む人より寿命が9年も短いという報告もあるのです。

また、コンクリート建材にはラドンという問題もあります。ラドンは放射線を発生する気体で発がん性があり、アメリカではタバコに次ぐ肺がんの2番目の原因物質として環境団体などが注意を呼びかけているそうです。ラドンは地表や床下の土などから発生しますが、コンクリート建材からも揮発することがわかっています。

有害物質にあふれている現在の建築物
このように、現在の建築は有害物質であふれており、いつ、誰がシックハウス症候群になってもおかしくありません。それを防ぐにはどうしたらよいのでしょうか。木材など安心できる建材を使って家を立て直すことが一番ですが、それが無理でも、賃貸でもできるエコ・リフォームや安価な改善策もあります。今日、できることから始めて、少しでも体に取り込む化学物質を減らしましょう。

害虫・シロアリ対策 商品一覧


シックハウス・住環境 商品一覧


蜜蝋商品 商品一覧

miturowax at 02:59コメント(0)トラックバック(0) 

2005年05月22日

シックハウス・敏感肌対策を考える その8

 世界の住宅耐久年数
世界の住宅の耐久年数を見てみると、イギリス141年、アメリカ103年、フランス86年、ドイツ79年・・・それに比べると日本はたったの26年です。

これは、自然破壊、資源の枯渇、ゴミの山にもつながります。産業廃棄物の7割以上が建築廃材なのです。湿気の多い日本の木造建築でも外国に負けない耐久年数の家は作れます。民家の中には200年、300年と続く家もありますし、日本各地のお寺や神社の中には、世界最古の木造建築、法隆寺のように1000年を越す建物もあるのです。日本が世界に誇る木造建築の技を復活させましょう。

アレルギー・花粉症 商品一覧


害虫・シロアリ対策 商品一覧


シックハウス・住環境 商品一覧


蜜蝋商品 商品一覧


miturowax at 22:05コメント(0)トラックバック(0) 
商品別カテゴリー
  • ライブドアブログ