サイト売買

2008年05月19日

セミナーの形態を変更


24日予定のセミナーの形態を変更することになりました。
主催者が体調を崩し、入院の可能性が出たため。

詳細は申し込まれた方々にメールにて連絡済みです。

概要は次の通り。

●主任講師の小山秀人氏が、たとえ、お一人であっても、
「サイト売買」の基礎知識など、セミナー内容と同じことを
皆様にお話しなさいます。皆様の抱えている問題などありましたら
それらを含めてご質問もぶつけて下さい。

●下記にメールを送付し、アポイントをお取り下さい。
(株)フルスピード/サイト売買事業室 小山秀人様
CC:石川事務所宛 iskwy@nifty.com




miturowax at 14:20コメント(0)トラックバック(0) 

2008年04月21日

サイト売買セミナー主講演者の略歴


5月24日(土)予定の「サイト売買セミナー」の主講演者、小山秀人氏の略歴をご紹介いたします。

・小山秀人:株式会社フルスピード・サイト売買事業室

・2005年、メディアネット株式会社にて、日本初のサイト売買サービス「サイトキャッチャー」の立ち上げに参画。以降、サイト仲介専任コンサルタントとして、200件以上の売買を成約させ、サイト売買という新たなビジネスを確立。

2007年12月、サイトキャッチャーの事業譲渡に伴い、株式会社フルスピードに転籍。引き続き専任コンサルタントを務める。

・サイト売買とM&Aの「サイトキャッチャー」

セミナーの更なる詳細は二三日中に発表予定。ご期待下さい。



miturowax at 16:17コメント(0)トラックバック(0) 

2008年04月10日

サイト売買セミナー: あなたのサイトは幾らで売れる?


サイト売買といっても、一般にはなかなかイメージしづらい面があります。ひとつ専門家の話を聞いて、これからのあなたのサイト運営に役立ててみませんか?

──────────────────────────────
ITビジネスセミナー
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
第一部:(約30分)
一歩進んだアフィリエイト/ドロップシッピングの運営を考える。
(副収入から資産形成へ)
講師:石川洋一

第二部(約60分+質疑応答)
あなたのサイトは幾らで売れる!--サイト売買入門
講師:小山秀人氏
・サイト売買の基礎知識
・サイト売買のメリット・デメリット
・売れるサイトとは?
・事例研究(アフィリエイト/ドロップシッピング サイトの売買)
・あなたにとってのサイト売買の可能性

●日時:5月24日(土)午後1時受付開始:
           セミナー・午後1時30分〜4時(予定)
●会場:新宿NSビル、3階301号室。新宿駅より徒歩8分。

●参加費用:一般:4000円
ドロップシッピング協会ネット会員:2000円
 ドロップシッピング協会正会員:無料(1名様のみ)
●募集人員:約20名〜30名
●お申し込みは、下記のメールアドレスより「参加したい」
とメールをお送り下さい。その際、一般か会員かをご記入下さい。
参加費用お振り込みの詳細をお送り致します。

主催:石川事務所
iskwy@nifty.com

●満員になり次第締め切り。募集人員が非常に少ないので、お早めにどうぞ。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

第一部の講師、石川洋一は日本最古のアフィリエイト情報サイトの一つ、アフィリエイトポータルネットを2000年に立ち上げ、現在も執筆を続けています。現・NPO 法人日本ドロップシッピング協会理事長。前NPO 法人アフィリエイトマーケティング協会理事長。

第二部のサイト売買の講師は、日本で歴史も古く、
最大規模のサイト売買を手がけている、サイトキャッチャーの小山秀人氏です。

「売れるサイト」とは、稼げるサイトでもあります。
サイト作りの視野を日々の副収入を得るサイトから、
一財産残すサイトに高めていくにはどうしたらよいのか。

ぜひ、このセミナーにご参加下さい。


miturowax at 05:15コメント(0)トラックバック(0) 

2008年04月05日

サイト売買というビジネス


先月(2008年3月17日)、日本経済新聞に「広がるサイト売買市場--仲介会社が情報提供」という大きな特集記事が載りました。

8e987cdd.jpg

記事の冒頭の説明には次のようにあります。
「インターネットサイトの売買が活発化している。ネットの普及に伴う競争激化で自社サイトへの集客が一段と困難になるなか、専門の売買仲介会社が取引を促進し、既存の人気サイトを買収する機運を高めている」

◆自分のサイトを売買対象として考えたことがありますか?

一般の人たちがネットで副収入というと、アフィリエイトプログラムやドロップシッピングということになります。

これはこれで、うまく運営すれば半永久的な収入源として、お小遣い稼ぎは勿論のこと、メインの収入源として、ビジネスとして成り立つことになります。

しかし、月に5万なり10万なり、あるいはもう少し上の数字を稼げたとしても、その数字をキープしていくには、日々のネット対策が非常に重要になります。またこれらのビジネス、特にアフィリエイトプログラムは供給者頼みということもあり、いつ、彼らがアフィリエイトプログラムから手を引くかというリスクも一部抱えています。

それなら、ある程度稼げるサイトを作ったら、自分は一時的なまとまった金を手にして、運営は専門家に任してしまおうという考えが出るのは当然です。

上記の日経の記事は、その機運が非常に高まっていることを伝えています。

サイト売買について、漠然と考えている人たちのために、自分の経験もふまえて、参考になる記事を折に触れて書いていきます。



miturowax at 06:12コメント(0)トラックバック(0) 
商品別カテゴリー
  • ライブドアブログ